基礎知識

バイナリーオプションの損益分岐点とは?計算方法を徹底解説!

バイナリーオプション損益分岐点
この記事でわかること
  • バイナリーオプションにおける損益分岐点がわかる
  • 損益分岐点の計算方法がわかる
  • 損益分岐点を考慮したエントリー方法がわかる

バイナリーオプションをやっていると「損益分岐点」という言葉を聞く機会があるのではないでしょうか?

もともと損益分岐点は、経済界でよく利用される指標ですが、バイナリーオプションで利用すれば、

どれだけ勝てば利益を出すことができるか

を理解することができます。

当然ですが、バイナリーオプションをやるうえでは絶対に知っておかなければいけません。

そこで今回は、バイナリーオプションにおける損益分岐点について徹底的に解説していきます。

また、損益分岐点の計算方法も詳しく解説しているので、バイナリーオプションをやるのであれば、この記事を読んで損益分岐点について絶対に理解しておいてください。

 

バイナリーオプションにおける損益分岐点とは

損益分岐点とは、損失になるのか利益になるのか分かれるポイントのことです。

つまり、損益分岐点を理解すれば、どれだけ勝てば利益を出すことができるか(どのくらい勝てば損をしないで済むのか)を理解することができるんです。

バイナリーオプションの目的はあくまで利益を出すことなので、損益分岐点を超えないトレードは絶対にするべきではありません。

例えば、手法を検証するうえで、損益分岐点を超えていない手法を使ったとしても、損失を出してしまうことになりますよね。

つまり、バイナリーオプションにおいては損益分岐点を計算して、損益分岐点を超える手法を利用してトレードをしていく必要があるんです。

損益分岐点の計算方法

バイナリーオプションにおける損益分岐点の計算方法は以下です。

損益分岐点の計算方法

100÷ペイアウト率=損益分岐点

例えば、ペイアウト率1.85倍の場合であれば、

100÷1.85=54.054

となるので、勝率54%以上で利益が出るということですね。

この損益分岐点に対して、自分の今の勝率を当てはめてみてください。

勝率の計算方法

勝ち回数 ÷ エントリー数 × 100 = 勝率

例えば、245回エントリーしていて121回勝っていたとすると、

121 ÷ 245 × 100 = 49.39…

となるので、利益が出ていないということですね。

自分の勝率が損益分岐点を下回っている場合はすぐにでも対策を打つ必要があります。

ペイアウト率で損益分岐点が大きく変わる

先ほどの計算式をみて気付いた人もいるかもしれませんが、損益分岐点はペイアウト率によって大きく変動します。

1.85倍の場合→54%
1.90倍の場合→52%
1.95の場合→51%
2.0倍の場合→50%

つまり、バイナリーオプションにおいてはペイアウト率が高ければ高いほど、低い勝率で利益が出せるようになるんです。

だからこそバイナリーオプションをやるのであれば、少しでもペイアウト率が高いバイナリーオプション業者を利用することをおすすめします。

 

一定のエントリー額でエントリーをする

バイナリーオプションにおける資金管理の基本ですが、バイナリーオプションでは、一定のエントリー額でエントリーをすることをおすすめします。

なぜなら、エントリー額を一定にしなければ、損益分岐点の計算ができなくなってしまうからです。

例えば、エントリー額10,000円でペイアウト1.85倍のトレードで3連勝したとします。

その後、エントリー額を30,000円に増やしてエントリーをして負けてしまったらどうなるでしょうか?

利益:25,500円

損失:30,000円

となるので、損失が発生していますよね。

ただし、この場合、勝率だけ見ると4戦3勝で75%と損益分岐点を超えているんです。

このようにバイナリーオプションは、エントリー額を一定にしなければ、いくら損益分岐点を計算しても意味がありません。

むしろ、バイナリーオプションは損益分岐点を超える勝率を確保できるのであれば、一定の金額でエントリーを続けるだけで儲かり続ける投資です。

エントリー金額を変えたくなる気持ちは分かりますが、グッとこらえて一定の金額でエントリーを続けましょう。

 

まとめ

今回はバイナリーオプションにおける損益分岐点の計算方法について徹底的に解説してきました。

バイナリーオプションをやるうえで、損益分岐点の計算は絶対に欠かせません。

必ず、損益分岐点を計算してから取引に臨むようにしてくださいね。

公式LINE限定特典や限定手法も公開中!

公式LINEはこちらから