テクニカル分析

バイナリーオプションで使えるゴトー日必勝エントリーポイント完全攻略!

ゴトー日の記事アイキャッチ

バイナリートレーダーの武田雄太です。

バイナリーオプションでは時間帯を意識することが非常に重要ですが、その中でも特に意識したお「ゴトー日」について解説します。

この記事を読めばゴトー日について理解を深めることが出来るうえに実際のエントリー手法についても理解することが出来るでしょう。

なお、この記事の理解を深めるために僕が執筆した「世界一わかりやすいバイナリーオプション入門書」も合わせて読むことをおすすめしています。(今なら下のボタンから無料でプレゼントしています。)

バイナリーの教科書を受け取る

そもそもゴトー日とは?

ゴトー日とはカレンダーの日付の中で「5」「10」がついた日のことです。

日本企業は企業間取引や決済の締め日を5の倍数の日程に設定していることが多く5や10がついた日は企業の実需が盛んになります。

例)5日、10日、15日、30日、25日、30日

なお、ゴトー日が土日の場合は直前の平日に繰り上げになります。

日本の企業の中には海外取引をしている企業も多いので、円やドルのやり取りが盛んになり、為替相場が大きく動くというわけです。

銀行における仲値とは?

例えば、海外旅行などに行くとき、銀行に通貨を交換しに行くと、1日のうちいつ行っても同じレートで交換できますよね。

実は銀行では、毎日午前9時55分にその日に利用する為替レートを決めているんです。
この為替レートの事を「仲値」と呼びます。

仲値が公示される9時55分から10時の間は、一般企業やメガバンクなどの大口の注文が入り、相場が活発に動く傾向にあります。

ゴトー日の仲値買いとは?

上述したように5、10のつく日(通称ゴトー日)は企業の決算日が重なることが多いため、ドルの需要が非常に大きくなります。

そのため、銀行は仲値までに多くのドルを買い込もうとします。

その結果、ゴトー日の仲値の直前は以下のような値動きが起こります。

ゴトー日の仲値の特徴

5と10の付く日は、9時頃から9時55分にかけてドル円が上昇しやすい

→実需が増えるので、ドルの需要が高まるため

ゴトー日の仲値の特徴

また、仲値決定後はそこまでドルが買われていた値動きが落ち着き、一気に下落することが多いのも特徴です。

9時55分にLowエントリー

このようなゴトー日の仲値買いをバイナリーオプションで応用することで有効にトレードを進めることが出来ます。

バイナリーオプションにおけるゴトー日の仲値攻略法

ここまで解説した内容を応用すれば以下のタイミングでエントリーをすることが出来ます。

ゴトー日の仲値買い攻略法
  • 仲値決定に向けてHighエントリー
  • 仲値決定後にLowエントリー

仲値決定に向けてHighエントリー

上述したようにゴトー日は仲値に向けて価格が上昇していく傾向があります。

そのため、そのタイミングを狙ってHighエントリーをしていきます。

ゴトー日の仲値の特徴

仲値の上昇はおおよそ1時間前の9時頃から始まるため、以下の2つのポイントを狙って取引をすると良いでしょう。

狙うべきポイント
  • 9時にHighエントリー(1時間取引)
  • 9時〜9時55分にHighの条件が揃ったらエントリー

※通貨ペアはドル円

特にお話ししておきたいのが2つ目の9時〜9時55分にHighの条件が揃ったらエントリーで、ゴトー日の仲値買いに合わせて価格が上昇しやすいので、そのタイミングで自分が使っている手法がHighを示せば通常のエントリーよりも勝ちやすくなるというわけです。

相場の流れが読みやすいからこそ、自分の手法の根拠を重ねやすいポイントになるのでぜひ意識してみてください。

仲値決定後にLowエントリー

次に仲値決定後に価格が下落する特性を活かしたタイミングでのエントリーです。

9時55分にLowエントリー

仲値決定後の下落は9時55分から始まるため、以下の2つのポイントを狙って取引をすると良いでしょう。

狙うべきポイント
  • 10時にLowエントリー(1時間取引)
  • 9時55分〜11時にLowの条件が揃ったらエントリー

※通貨ペアはドル円

仲値に向けて価格が上昇した反動で価格が下落するのでそのタイミングを狙ってエントリーをするという方法ですが、仲値決定後の下落は仲値決定後に向けた上昇とは違い不規則であるケースが多いです。

そのため、1時間取引でLowエントリーを狙う方が勝ちやすいと言えるでしょう。

ただし、上昇を狙う動きと同じく、9時55分〜11時に自分の手法を使ってLowのタイミングになった場合は根拠が重なっているタイミングだと考えることが出来るので手法とタイミングが合えば根拠の1つとして活用できます。

金曜日とゴトー日が重なった場合

金曜日は企業も取引を盛んに行うため、金曜日とゴトー日が重なった場合はより需要が高まり、仲値に向けて価格が上昇しやすくなります。

また、上昇しやすいということは反動で下落しやすいということです。

つまり、上記で解説してきた手法がより効きやすくなるということになりますので、金曜日とゴトー日が重なっている場合は積極的に狙っていくことをおすすめします

ゴトー日の仲値取引のメリット

ゴトー日の仲値取引のメリットは以下の通りです。

ゴトー日の仲値取引のメリット
  • 統計上7割は価格が上昇する
  • テクニカル分析の手間が少ない
  • スプレッド取引でも勝ちやすい

統計上7割は価格が上昇する

統計上、ゴトー日では仲値に向けて7割の確率で価格が上昇します。

つまり、ゴトー日は月に6回ある以上、4回は勝てる可能性が高いということです。

7割も勝てるというということは非常に期待値が高いということであり、利用しない手はありません。

◆期待値とは?

バイナリーオプションにおける1回のエントリーで得られる値を示す指標

初心者にもわかる!バイナリーオプションの期待値とは?
バイナリーオプションの期待値計算方法!稼げる期待値の上げ方解説!バイナリーオプションの期待値について計算方法から重要性まで解説します。また期待値を上げるために重要な勝率の上げ方について解説すると同時に勝率を上げた後に資金をどのように運用することで期待値を高めていくべきかまで詳しく解説していますので、期待値を上げて稼ぎたい方はぜひ参考にしてください。...

ただし、あくまで統計上7割勝てるということですので、1ヶ月単位で見るとその月はゴトー日の仲値に向けて上昇しなかったということも考えられます。

長期間で損益を考える必要があるので、資金管理をしっかりとおこなってください。

バイナリーオプション資金管理
バイナリーオプションで勝てるトレーダーの資金管理法を徹底解説【完全攻略版】バイナリーオプションで勝つために非常に重要な要素のひとつとして挙げられるのが「資金管理」です。資金管理ができなければ安定して勝ち続けることは難しいと言えるでしょう。そこで当記事では、勝てるトレーダーが実際に利用する資金管理法を徹底的に解説しています。また、資金管理の重要性や資金にまつわるテクニックも解説しています。...

テクニカル分析の手間が少ない

ゴトー日の仲値取引は9時55分の仲値決定に向けて上昇する動きを狙って取引をするというものですので、比較的テクニカル分析の手間が少なくて済みます。

本来のテクニカル分析の目的として、今後の相場がどのような値動きをするかを予測するというものがありますが、上昇しやすいという予測が立てられているのでその点はテクニカル分析が不要です。

テクニカル分析に慣れていないトレーダーでも取り組みやすいでしょう。

バイナリーオプションで稼ぎたいならテクニカル分析が必須!初心者でも簡単にマスター
バイナリーオプションで稼げるテクニカル分析攻略法!有効なチャート分析とは?バイナリーオプションとテクニカル分析の基礎知識からトレード戦略までの解説記事です。 チャート分析方法や具体的な手法、おすすめの業者情報など、バイナリーオプションとテクニカル分析に興味がある方に役立つ情報が盛りだくさんです。 是非チェックしてみてください。...

スプレッド取引でも勝ちやすい

ハイローオーストラリアの取引方法の中にペイアウト率が高い代わりにスプレッドがある「スプレッド取引」という取引方法が用意されています。

◆スプレッド取引とは?

現在の価格にスプレッドを加えた状態で上がるか下がるかを予測する

ハイローオーストラリア判定時間のアイキャッチ
ハイローオーストラリア判定時間完全攻略!判定時間別攻略法も解説!ハイローオーストラリアには様々な判定時間が用意されていますが、どの判定時間を利用すれば良いか迷っている人も多いと思います。当記事では取引方法別に利用できる判定時間について解説すると同時に判定時間別の攻略法まで詳しく解説します。どの判定時間を使えばよいか悩んでいる人は当記事を読めば自分に適した判定時間が分かるでしょう。...

スプレッド取引ではスプレッドがある分、価格が大きく動く場面を狙わないといけないため、利用はおすすめしていませんが、ゴトー日の仲値取引では価格が大きく動きやすいためスプレッド取引を狙うことが出来ます。

スプレッド取引を利用できれば同じ勝率、掛け金でも利益が大きく増えるため、活用しない手はありません。

スプレッド取引が狙えるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

ゴトー日の仲値取引のデメリット

ここまでゴトー日の仲値取引について解説してきましたが、デメリットがないわけではありません。

ゴトー日の仲値取引のメリット
  • 負けた理由を分析しづらい
  • ギャンブルに近い要素がある

負けた理由を分析しづらい

ゴトー日の仲値取引では、いくら統計学上7割が上昇するといってもその日上昇するかは運の要素が強いです。

そのため、負けてしまった場合になぜ負けたかを分析することが出来ません。

バイナリーオプションでは、負けた場合になぜ負けたのかを分析して改善していくという繰り返して勝率を上げていくことになるので検証ができないという点はデメリットだと言えます。

初心者の方がゴトー日の仲値取引だけやっていてもスキルを身に付けていくことは出来ません。

ギャンブルに近い要素がある

メリットであるテクニカル分析の手間が少ないということと裏表の関係なのですが、テクニカル分析の手間が少ないということはギャンブル的な要素があるということです。

9時55分を前に上昇が終了して下落し始めることもあれば、9時55分以降も上昇し続けることも考えられるので、ある程度運の要素が大きくなってしまいます。

ギャンブル的な要素に身を任せてエントリーをしなければならない点はデメリットだと言えるでしょう。

ゴトー日の仲値取引のバイナリーオプションにおける活用法

ゴトー日の仲値取引をバイナリーオプションで活用するために重要なのは、あくまで全体の相場の流れの中にゴトー日の仲値買いという要素があると理解しておくことです。

あくまでギャンブル的に9時55分の仲値に向けてエントリーをするというのではなく、テクニカル分析の上で手法を組み込んでいくと良いでしょう。

例えば、相場全体の流れとしてドル円が下落している状況でゴトー日の仲値だけが上昇するというのは考えづらいですよね。

このように長期足の流れから1日の流れを予測したうえでゴトー日の仲値取引に臨むことでギャンブル的な要素を減らし、勝ちやすくなるでしょう。

なお、相場全体の流れを読むためには「MTF分析」と呼ばれる複数の時間足から相場を分析する方法が有効です。

以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

バイナリーオプション MTFのアイキャッチ
バイナリーオプションはMTF(マルチタイムフレーム)分析を使えば稼げる!基礎から応用まで解説!この記事ではバイナリーオプションで勝つために重要な「MTF(マルチタイムフレーム)分析」について解説します。相場を複数の時間足から見ることで勝率を劇的に上げやすくなります。MTF分析とは?という基礎的な考え方からMTF分析のやり方、応用法まで詳しく解説していますので、MTF分析をやりたい方はぜひ参考にしてください。...

まとめ

今回はバイナリーオプションにおけるゴトー日の仲値について解説しました。

ゴトー日をうまく活用すれば勝てるエントリーポイントを増やすことが出来ますので、ぜひやってみてください。

ただし、最後に解説したようにゴトー日の仲値だからエントリーといったギャンブル的な取引はおすすめ出来ません。

相場全体を見て、あくまで1つの要素として取り入れていきましょう。

なお、ゴトー日などの知識を活かすために相場全体の知識を学びたいという方は僕が執筆した「世界一わかりやすいバイナリーオプション入門書」を読むことをおすすめします。

今なら下のボタンから無料でプレゼントしています。

バイナリーの教科書を受け取る

公式LINE限定特典や限定手法も公開中!

公式LINEはこちらから