基礎知識

練習アプリでバイナリーオプションの練習はできる?土日の活用法も紹介!

練習アプリでバイナリーオプションの練習はできる?土日の活用法も紹介!
この記事でわかること
  • 「練習アプリ」は勝つための練習に使えるか
  • バイナリーオプションで勝つための練習方法
  • 練習する理由と注意点
  • 土日の活用方法

こんにちは!バイナリートレーダーの武田雄太です。

「バイナリーオプションを始めたけど、勝率を上げるために何かいい練習はないかな?」

このように思うことはありませんか?

そこで、この記事ではバイナリーオプションの練習アプリについて解説するとともに、バイナリーオプションで勝ち続けられるための練習方法について解説していきます。

この記事を読めば、バイナリーオプションで勝つための練習方法がわかるので、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

なお、今なら僕が執筆した「世界一わかりやすいバイナリーオプション入門書」を無料プレゼントしていますので、この記事の理解を深めるためにも併せて読むことをおすすめします。

バイナリーの教科書を受け取る

 

練習アプリとは

練習アプリとは、バイナリーオプションをスマホで疑似的に体験できるアプリのことを言います。

練習アプリはブラウザ上で使えるものから、ダウンロードして使うものまで様々あり、一例を上げると次のようなものがあります。

◆ミリオンバイナリー

バイナリーオプションデモ取引ゲーム。

◆ハイローバイナリーオプション-デモ取引

通貨の相場が上がるか下がるかをHighLowで予想するだけの簡単なゲーム

アプリ紹介サイトには上記以外のFX用のアプリもたくさんありますが、すべて「ゲーム」として取り扱っています。

 

バイナリーオプションの練習アプリで勝てるようになるのか?

結論から言うと「練習アプリ」ではバイナリーオプションで勝つための力を身につけることはできません。

なお、「練習アプリ」が練習方法としておすすめできない理由は以下の3つです。

  • 実際の取引と違う
  • 相場を正しく判断する力がつかない
  • 詐欺アプリが存在する

それぞれの理由について以下で詳しく解説していきます。

実際の取引と違う

練習をするのなら実戦に近いトレーニング環境の方が効果は高くなります。

しかし、「練習アプリ」ではバイナリーオプション取引で重要な次の2点が本番リアルトレードと違うのです。

◆取引プラットフォームの違い

バイナリーオプションは数秒の差で勝敗が分かれる場合があるシビアな取引方法です。

そのため、実際に使う取引プラットフォームの操作に慣れ、操作ミスで勝ちを逃すことはできるだけ避けなければいけません。

◆チャートの正確性

バイナリーオプションは為替相場のチャートを分析し、次の動きを予測しエントリーするわけですが、「練習アプリ」ではリアルチャートと比べることも難しく、チャートの正確性が不透明です。

上記この2つの理由から「練習アプリ」は実戦を想定できないので、バイナリーオプションで勝つためのトレーニングには不向きなツールなのです。

相場を正しく判断する力がつかない

「練習アプリ」でトレーニングした場合、バイナリーオプションで勝つために必要な「相場を正しく判断する力」を養うことができません。

なぜなら、「練習アプリ」は今を予測することを主眼としたゲームのため、「相場全体を見る」や「過去のチャートを見る」機能がほとんどありません。

そのため、相場を正しく判断する力を養うために必要な「今まで相場がどのように動きチャートを作ってきたかを判断する」トレーニングができないのです。

特に「時間帯別の相場全体の傾向」や「通貨ペアの動きのクセや傾向」については練習アプリのチャートの正確性が不透明なこともあり、適切なトレーニングは難しいでしょう。

武田雄太
武田雄太
実際に相場を正しく判断する力を養うにはスマホアプリだけでは不十分で、パソコンでチャートを見ることができる環境が必要です。

以上のことから「練習アプリ」では実戦を想定したトレーニングはできないのです。

相場を正しく判断するために必要な「時間帯別の相場全体の傾向」や「通貨ペアの動きのクセや傾向」についてはこちらの記事で詳しく解説しているので一度読んでみてください。

ハイローオーストラリア通貨ペア
ハイローオーストラリアの通貨ペアの種類を徹底解説!初心者におすすめの通貨ペアも紹介バイナリーオプションにおいて通貨ペア選びは非常に重要です。特にハイローオーストラリアでは多くの通貨ペアから取引ができるため、通貨ペアの選定が難しいと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?そこで今回はハイローオーストラリアの通貨ペアの種類を解説すると同時に初心者でも利用できる通貨ペアの攻略法を解説します。...

https://binary-verificationlab.com/world-time/

詐欺アプリが存在する

「練習アプリ」をおすすめしない一番の理由が「練習アプリ」を使った詐欺にあってしまうリスクを避けるです。

詐欺アプリは次のようなものが考えられます。

  • 個人情報を抜き取るフィッシング詐欺
  • アプリの使用料、取引金額の架空請求
  • セミナーなどへの勧誘
  • ツールの販売

昔ほど多くはありませんが、いまだに詐欺アプリは存在し、知識がなくては区別がつかないでしょう。

お金を無駄に損失しないために「練習アプリ」を使おうと考えて、逆に余計なお金を使ってしまっては意味がありません。

このようなリスクを事前に避けるためにも、不透明な部分が多い「練習アプリ」は使わない方が懸命でしょう。

バイナリーオプションは残念ながら「簡単に稼げる」と言うフレーズで初心者を引っ掛ける「詐欺」であふれています。

バイナリーオプションで「詐欺」に合わないように、一度こちらの記事を読むことをおすすめします。

バイナリーオプションの詐欺5選!見分け方や対処法を徹底解説
バイナリーオプションの詐欺5選!見分け方や対処法を徹底解説この記事ではバイナリーオプションの世界にはびこっている詐欺師の手法を全て公開します。詐欺師の手口はパターン化されているため、この記事で解説されている詐欺手口と対策を知ればまず騙されることはなくなるでしょう。本物を見極め方を学び騙されないようにしてください。...

 

デモトレードで練習するメリット

先ほどお話したように練習アプリではバイナリーオプションに必要な練習はできません。

そこで、練習アプリの代わりに使用するのがデモトレードです。

デモトレードとは架空のお金で取引の練習をすることができる機能のことを言います。

なお、デモトレードを使うメリットは以下の2つです。

  • 本番で使う取引プラットフォームで練習できる
  • 相場の予測精度を上げる練習ができる

デモトレードは仮想のお金を使って取引の練習をする点は練習アプリと同じです。

しかし、デモトレードには練習アプリに無いメリットがあります。

以下でこのデモトレードのメリットを詳しく解説していきます。

メリット1:本番と同じ取引プラットフォームで練習できる

デモトレードは実際に今作られている相場の動きを反映しているのでチャートの正確性は疑う余地がありません。

また、本番と同じ取引プラットフォームをを使うので、操作に慣れることができるのです。

メリット2:相場の予測精度を上げる練習ができる。

相場の予測精度を上げるには次のような練習が必要になります。

  • 相場を正しく判断する練習
  • 相場を判断して実際にエントリーする練習
  • エントリー結果を振り返る

デモトレードでは、これらの練習をかなり実践に近い形で行うことができます。

なお、デモトレードはMT4などの相場分析用ツールを使うようにしてください。

限りなく実践に近い環境で練習するためには、実際の相場と同じチャートを使っているMT4などの相場分析ツールを使う必要があるからです。

先ほど紹介した練習アプリは実際の相場のチャートを使っていないので、練習としての効果を期待できないのです。

 

デモトレードのデメリット

デモトレードは実際の取引を想定した練習には最適なのですが、緊張感のない使い方をしてしまうとリアルトレードに悪影響を及ぼしてしまうデメリットがあります。

例えば、デモトレードは実際にお金を投資するわけではないので、「勝つまでマーチン取引をする」や「ありえない金額でエントリーする」などの緊張感に欠けるトレードをしてしまう可能性があります。

この時、大きく勝ってしまうと、その感覚がリアルトレードに影響してしまって無理なエントリーにつな繋がり、資金をなくしてしまう可能性が高いのです。

武田雄太
武田雄太
「デモトレードは使わずにリアルトレードで練習しよう」と言っているのを見かけますが、その理由はデモトレードを遊び感覚で使ってリアルトレードに悪影響が出ることを心配して言っているわけです。

このようにデモトレード多少のデメリットはありますが、要は自分自身の考え方と使い方です。

バイナリーオプションは投資であると言う考えを持ち、デモトレードは勝つためのトレーニングだけに使うと決めれば、デモトレードを使った練習は、最もリスクが少なく最短で勝ち続けられるトレーダーになる方法と言えます。

デモトレードの使い方はこちらの記事でも紹介しているので、正しいデモトレードの方法を知らない方は参考にしてください。

【最新】ハイローオーストラリアのデモ取引できない時の対処法!無料のクイックデモの使い方とやり方を解説!
【最新】ハイローオーストラリアのデモ取引できない時の対処法!無料のクイックデモの使い方とやり方を解説!ハイローオーストラリアでは、実際の資金を利用せずに仮想の資金でトレードの体験ができるデモトレードを行うことができます。また、デモトレードは手法の検証をするうえでも便利な機能なのでトレード未経験者だけでなく、手法が固まっていない初心者・中級者にもおすすめです。 当記事では、そんなハイローオーストラリアのデモトレード(クイックデモ)の正しい使い方やメリット・デメリットを解説しています。...

 

なぜバイナリーオプションは練習が必要なのか?

アスリートが大会で優勝するためには、地道な練習が不可欠です。

バイナリーオプションもアスリートと同様に、プロトレーダーの中で勝ち続けるためには地道な練習と継続が不可欠なのです。

練習とは、具体的に次の3つを繰り返すことです。

  • 現在の相場状況を判断する
  • 相場を判断した結果を元にエントリーする
  • エントリーした結果を反省・検証し次のエントリーに活かす

そして、練習をすることによって3つの効果を得ることができます。

  • 無駄な損失が減る
  • 相場観を養うことができる
  • 手法の有効性を確かめられる

いずれもバイナリーオプションで勝ち続けるために最低限必要なことで、これらをリスクなしで身につけたり確認するために練習をするのです。

以下でバイナリーオプションの練習による3つの効果について詳しく解説していきます。

無駄な損失が減る

バイナリーオプションは無駄な損失を減らすことが勝ちにつながる投資方法です。

投資の世界はプロトレーダーでも必ず負けの取引があります。

ですが、無駄な負けを減らしトータルで損失より利益が多いから利益を得ることができているわけです。

無駄な損失を減らすためには今の相場を正しく判断し、エントリーして良いのか、それとも見送った方がよいのかの判断をしなければいけません。

しかし、相場を正しく判断するは経験を積んでいかなければ精度は上がらないので、バイナリーオプション初心者は必ず負けが多くなってしまいます。

この相場を正しく判断できないことが原因の負けを減らすためには、負けから学ばなければいけません。

具体的には、負けた時の相場状況やエントリータイミング、使っている手法などを検証し、なぜ負けたかを分析することで、同じ状況でエントリーしないなど負けの要因を減らす作業を地道に続けることが結果的に勝率を上げることとなります。

負けを減らすための作業は、リアルトレードに移行した後もバイナリーオプションを続けている限りしなければいけないことですが、少なくとも勝ちより負けが多い間はデモトレードなどを利用した練習で経験を積むことが必要でしょう。

無駄な損失が少なくなったと判断できる目安は1か月~3ヶ月トータルで損益分岐点を超えられた時です。

3か月は長いと感じる方もいると思いますが。大切なお金を無駄に損失せずにバイナリーオプションで勝ち続けるために必要なことを身につける期間と考えれば短い期間でしょう。

利益を得るために大切な損益分岐点についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

バイナリーオプション損益分岐点
バイナリーオプションの損益分岐点とは?計算方法を徹底解説!バイナリーオプションをやるうえで損益分岐点を計算していますか?バイナリーオプションをやるのであれば、必ず損益分岐点を計算してどれだけの勝率で利益が出るかを知っておくべきです。今回の記事では損益分岐点の計算を方法を詳しく解説していますので、バイナリーオプションを読むのであれば必ず読むことをおすすめします。...

相場感を養うことができる

バイナリーオプションで勝つには相場の状況を正しく判断する相場感が必要です。

相場感とは簡単に言えば、今の相場がトレンド相場なのかレンジ相場なのかを判断し、エントリーして良いのか、見送るのかを正しく判断するスキルのことです。

相場感がなければいくら優秀な手法やツールを使ったとしても勝てません。

勝っているトレーダーは「手法やサインツールが優秀だから勝っている」のではなく「自分の相場感で相場状況を正しく判断し、状況に合わせて適切な手法やサインツールを使用しているから勝っている」わけです。

武田雄太
武田雄太
バイナリーオプションで勝てない人は「サインツールや手法が悪い」のではなく、そもそも相場の状況を正しく判断できていない可能性があるのです。

極端な話し、相場感さえ身に付ければ、バイナリーオプションだけでなく相場の世界で稼ぐベースができたと言って良いほど基礎的で重要なスキルなのです。

相場感は個人差はありますが、バイナリーオプションの練習を通して身につけられます。

先ほどお話しした、損益分岐点を超えるためにも必要なスキルなのでバイナリーオプションの練習をする主目的と考えて取り組んでください。

手法の有効性を確かめられる

手法はそのままでは使えないので自分用にカスタマイズしなければいけません。

これは先ほど話した「相場感を養う」にも関連することなのですが、「相場は人それぞれで見え方が異なる」ので他人が考えた手法が自分も使えるとは限らないからです。

武田雄太
武田雄太
極端に言えば、同じチャートを自分はトレンド相場と判断したけれど、他の人はレンジ相場と判断するなど、見る時間足や観察する範囲によって相場の見え方は全く違ってくるわけです。

そのため、いくら素晴らしい手法に出会えたとしても、自分の相場感に合わせて数値の調整や使う場所を検証する必要があるのです。

バイナリーオプションで最もしてはいけないトレードが「値ごろ感」や「感覚のみ」でのトレードです。

これを防ぎ勝率を上げる手段が「手法」となります。

しかし、手法が自分にあっているか分からない状態でいきなりリアルトレードで使うのはリスクが大きすぎます。

使おうと考えている手法が自分の相場感と一致しているかを確かめるためにバイナリーオプションの練習は必須です。

 

バイナリーオプションの練習をする際の注意点

バイナリーオプションの練習をする際には3つ注意しなければいけないことがあります。

  • スキマ時間で練習しない
  • デモトレードだけで練習しない
  • 「運」や「カン」で取引しない

この3点を守らなければ、いくら練習しても勝てるようにならないと言っても過言ではありません。

以下で詳しく解説するので、バイナリーオプションの練習をする際の必須事項と思って読んでみてください。

スキマ時間で練習しない

バイナリーオプションの広告では「スキマ時間で簡単に取引」などのフレーズを見かけますが、残念ながらバイナリーオプションを含めて「稼ぐ」行為はそんな甘いものではありません。

バイナリーオプションで稼ぎ続けたいのなら「時間」と「場所」を決めて集中してチャートに向き合う必要があります。

例えば、昼間仕事をしているなら、自宅に帰ってきてから身の回りの用事を済ませた後22時から1時の3時間など、毎日同じ時間にトレーニングすることが上達の早道となります。

時間を決める理由は、為替相場は時間帯ごとの動きの傾向があるので、毎日同じ時間にチャートを観察することによって、相場の動きのクセをつかむためです。

また、場所についても家族がいるリビングなどは避け、チャートに集中できる環境を作るべきです。

武田雄太
武田雄太
何十億円もの資金を運用するプロトレーダーが動かすチャートを予測するわけですから、当然の準備と言えます。

バイナリーオプションで勝ち続けるためには練習する環境作りも大切なことと考えてください。

デモトレードだけで練習しない

バイナリーオプションの練習はバイナリーオプション業者の取引プラットフォームだけではできません。

チャートを分析するツールが必要になってきます。

ハイロー取引プラットフォーム

この画像は僕がおすすめしているハイローオーストラリアの取引プラットフォームです。

見てもらうと分かるように、取引用として使いやすい配置になっていますが、肝心のチャートがシンプルすぎてテクニカル分析ができないのです。

ここまで説明してきたように、バイナリーオプションの練習は「相場感を身につける」「手法を検証する」などを通して損失を減らすために行うわけですが、そのためにはチャート分析のツールが必須となってきます。

チャート分析ツールとしておすすめはMT4です。

MT4はもともとFX(為替市場)のチャート分析・取引用に開発されたツールで、その汎用性の高さから多くのFX業者で採用され、世界中のトレーダーに最も多く使われています。

武田雄太
武田雄太
バイナリーオプションは為替市場を利用した投資ですから、MT4を使ったチャート分析が最適と言えるでしょう。

ただ、MT4は汎用性が高い分、使いこなすまでは少し慣れが必要です。

しかし、バイナリーオプションの練習と合わせて必要な機能は十分に覚えられますから安心してください。

https://binary-verificationlab.com/category/mt4/

「運」や「カン」だけで取引しない

「デモトレードのデメリット」でも話しましたが「運」や「カン」に頼った値ごろ感でのエントリーではバイナリーオプションで利益を上げることはできません。

「運」や「カン」で取引しない方法は取引ルールを確立することです。

◆取引ルールとは?

取引ルールとは、どのような相場状況の時、何分取引で、いくらの掛け金で、どの手法を使うかなどエントリーするための手順をあらかじめ決めたもののことを言います。

基本的には自分が使いたい手法をベースにその他の要素を加え取引ルールを作っていきます。

相場感は自分の経験や感覚を必要としますが使って判断しますが、エントリーは取引ルール通りに感情を挟まないことが勝ち続けられるポイントなのです。

武田雄太
武田雄太
バイナリーオプションは勝って稼ぐことが目的ですが、「稼ごう」と考えると勝てないのが投資の世界です。

プロトレーダーは感情を挟まないトレードをするために「取引ルール」を必ず持っています。

ハイローオーストラリアの練習は相場感を養い取引ルール確立のためだけに行う。

これはデモトレードのデメリットの影響を受けずにデモトレードを有効に使う方法でもあるので、絶対に守ってください。

 

土日にバイナリーオプションの練習でできること

土日は為替相場が動かないのでデモトレードを使ったバイナリーオプションの練習をすることができません。

しかし、土日を有効に使うことによってバイナリーオプションの勝率を上げられるのです。

バイナリーオプションの勝率を上げるために土日を使ってすべき練習は主に3つあります。

  • 知識習得
  • 手法の研究(バックテスト)
  • 予測精度の向上

それぞれについて具体的に何をすべきなのかを解説していきましょう。

知識習得

バイナリーオプションは為替相場を利用した投資なので、為替相場の基本的なことがわからなくては勝てません。

武田雄太
武田雄太
経験を通して知識を自分のものにしなければバイナリーオプションでは勝てませんが、知識がなければ勝つために何をしなければいけないのかわからないわけです。

今は情報化社会のため本やブログ、Youtubeなど知識習得方法はいくらでもあります。

しかし、膨大な情報のすべてが正しいわけではなく、間違った情報も多々あり、バイナリーオプションの世界に初めて触れた初心者がその中から正しい情報を選ぶのは難しいでしょう。

そこで、この記事ではバイナリーオプション初心者に最初に使ってほしい知識習得方法として「本」をおすすめします。

「本」は他の媒体と比べると最新の情報と言う点では劣りますが、以下に挙げるメリットのある知識習得方法なのです。

  • 本はテーマが決まっていて、かつそのテーマの情報密度が濃く・正確
  • 自分のペースで知識を習得できる
  • 本は本の著者が何十年、もしかしたら一生かけて手に入れた知識や経験をたった数千円で手に入れられる

このメリットを最大限利用し「本」を使って知識のベースを作れば、最新の情報の中から正しい知識を探し出し、さらに知識の幅を広げることができるでしょう。

知識習得のための本についてはこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

バイナリーオプション初心者におすすめの入門本は存在しない?プロのトレーダーが本当に読むべき本を紹介!この記事ではバイナリーオプションの勉強をする時に読むべき本をプロのトレーダー目線で紹介しています。世の中には多くのバイナリー関連の本があり、どんな本を選べばいいかわからないという方も多いと思います。そこで、この記事ではバイナリーオプションで必要になる知識を効率よく学ぶことができる本を厳選して紹介します。...

バイナリーオプションの勉強方法についてはこちらの記事でも解説しているので合わせて読んでみてください。

バイナリーオプションの勉強方法9選!勝つために必要な勉強内容も紹介!.001
バイナリーオプションの勉強方法9選!勝つために必要な勉強内容も紹介!この記事ではバイナリーオプションの勉強方法について解説しています。バイナリーオプションで勝つために必要な勉強があるのです。この記事を読めば、バイナリーオプションで勝つためにはどんなことを勉強すればいいのか、独学でも勝てるようになるのかわかります。...

手法の研究(過去検証バックテスト)

知識習得と同時にバイナリーオプションの勝率を上げるために土日にすべきことは過去チャートを使っての手法の検証です。

先ほど話したように手法は自分の相場感に合わせて使い方を探さなければいけません。

しかし、仕事をしている場合などはリアルチャートで検証するにはあまりにも時間が足りないわけです。

そこで、過去チャートに手法をあてはめ、どのような相場状況の時に勝っているか・負けているかをバックテストして時間を効率的に使うわけです。

武田雄太
武田雄太
相場は過去と同じ動きをする場合が多々あるので、過去チャートで勝てた部分はリアルチャートで勝てる可能性の高い部分と考えることができるのです。

手法の研究でぜひ実践してもらいたい方法がマルチタイムフレーム分析です。

マルチタイムフレーム分析とは「相場は大きな時間足の流れに従う」と言う相場分析の基礎的考え方を使った分析方法で、エントリーする時間足より大きな時間足の相場の流れも観察する方法です。

マルチタイムフレーム分析イメージ簡単に言えば、上図のように大きな時間足の中でエントリーする短期足が動いているとイメージするとわかりやすいでしょう。

武田雄太
武田雄太
使おうと考えている手法もマルチタイムフレーム分析で見ると、違った角度からの分析ができ、新たな発見があるかもしれません。
慣れるまでは少し難しい方法ですが、初心者のうちから実践してみてください。

大事なことは、自分にあった使い方にカスタマイズすることです。

予測精度の向上

過去検証は手法の精度を上げるためには非常に有効な土日の練習方法なのですが、未来の予測の練習と言う部分ではチャートの先が見えているので若干物足りない部分があります。

そこで、「土日も予測の練習をしたい!」と言う方のために、MT4の2つの機能を使った予測の練習方法を紹介します。

  • ストラテジーテスターを使った練習
  • F12キーを使った練習

以下でこの2つの方法を解説していきます。

ストラテジーテスターを使った練習

ストラテジーテスターとは自動売買の性能などを試すMT4の機能の一つで、指定した期間の過去チャートを実際に動かすことのできる方法となります。

ストラテジーテスターの各機能

ストラテジーテスターの各機能ストラテジーテスターの起動方法はMT4の左上にあるアイコン群からストラテジーテスターを選ぶか、「表示」→「ストラテジーテスター」で表示できます。

ストラテジーテスターを起動すると表示される画面ストラテジーテスターを起動するとMT4に上図のように表示されます。

初めてストラテジーテスターを起動したときは少し表示枠が狭いので、①をつまんで広げてあげると良いでしょう。(説明のためこの画像ではストラテジーテスターの表示範囲を通常より大きくしています。)

ストラテジーテスターの各項目の使い方は以下のようになります。

①上下に動かしてストラテジーテスターの表示範囲を調整できます。

②EAの選択

バイナリーオプションの練習では関係ないところですが、「エキスパートアドバイザー」を選択しておきます。

③通貨ペアの選択

動かしたい過去チャートの通貨ペアを選択

④表示したい時間足を選択

ここで選択した時間足の過去チャートを動かすことができます。

⑤モデル

ローソク足のティック(ローソク足が形成されるまでの動き)をどこまで再現するかを選ぶ項目です。通常は「全ティック」にしておきます。

⑥期間の設定

チェックを入れ過去チャートの動かしたい期間の始まりと終わりを設定します。

⑦ビジュアルモード

ここにチェックを入れることにより実際にチャートが表示されます。

⑧スピード設定

チャートが形成されるスピードを決めます。左いっぱいにすると実際の時間と同じスピードとなり、右にスライドしていくと早くなってきます。

⑨一時停止・一時停止解除ボタン

チャートを動かす、一時的に止めるボタンです。過去チャートが表示されたあとはこのボタンでコントロールします。

⑩スキップ機能

「スキップ」ボタンの左隣に設定した日にちまでチャートをスキップする機能です。

⑪スタート・ストップボタン

最初に過去チャートを動かす時と過去チャート検証を終了するときに使うボタンです。

ストラテジーテスター使用手順

基本的な使い方は、最初に②~⑦を設定します。

次に⑪のスタートを押すと⑥で設定した期間の始めのチャートが表示されます。

過去チャートが表示された時点ではバーチャートの状態でインジケーターなども表示されていないのでチャート設定をします。

武田雄太
武田雄太
チャート設定はインジケーターの挿入などが可能ですが、事前に設定したものを「定型チャート」で呼び出した方が効率は良いでしょう。

インジケーターの設定が完了したら⑨「一時停止・一時停止」解除ボタンでチャートを動かし、⑧「スピード設定」で表示スピードを調整しながら予測など検証を進めていきます。

⑪の「スタート・ストップ」ボタンを途中で押してしまうと表示している過去チャートの検証が完全に停止しまい、もう一度最初からの設定となってしまいます。
チャートの一時停止は必ず⑨の「一時停止・一時停止解除」で行うようにしてください。

ストラテジーテスターの欠点

万能の過去検証方法のように見えるストラテジーテスターですが、次の3つの欠点があります。

  • 少し戻って今のところを見たいと思ってもチャートを戻すことができない(最初からやり直すしかない)
  • 一度決めた時間足以外を見ることができない
  • MT4に保存してあるチャートデータしか再現できない

上記のような使いにくさはありますが、ローソク足が形成されるまでの動きも再現するので「実際に動いているチャートで予測する」と言う目的では非常に良い練習手段と言えるでしょう。

F12キーを使った練習

このキーボードのF12キーを使った方法は非常にシンプルでパソコンにあまり詳しくない方でも実行可能な予測トレーニング方法です。

F12キーを使った練習の手順は、最初に「自動スクロール」をOFFにして過去検証したい部分までチャートを移動させます。(自動スクロールをONにしていると時間足を変えた際に最新のローソク足に戻ってしまうため)

予測練習を始めたい部分を画面の左端に合わせ、キーボードのF12キーを押します次に予測練習を始めたい部分を画面の左端に合わせ、キーボードのF12キーを押します。

そうするとローソク足1本分だけチャートが進んでいくので、次のローソク足の予測トレーニングが可能となります。(画像はF12キーを10回押した状態)

この方法はローソク足が形成されるまでの細かい動きはわかりませんが、自分のペースで手軽に検証でき、時間足の変更も自由なのでマルチタイムフレーム分析の予測トレーニングなどで威力を発揮する方法と言えます。

どちらの予測トレーニング方法も自分に合わせて使えば、土日のバイナリーオプションの練習方法として効果的なので使ってみてください。

 

まとめ

バイナリーオプションはプロと同じ為替相場で戦うため、初心者がいきなり勝ち続けることは難しい投資です。

しかし、「運」や「カン」と言う不確定要素に頼る部分が少なく、練習を重ね経験を積むことによって、誰でも勝てるトレーダーになることができます。

ぜひ、この記事を参考に時間を有効に使い、バイナリーオプションの練習をして稼げるトレーダーを目指しましょう。

もしあなたが今後真剣にバイナリーオプションに取り組みたいと考えているのであれば、僕が書いた「世界一わかりやすいバイナリーオプション入門書」が役に立つはずです。

今なら無料でプレゼントしていますので、ぜひ利用して学んでみてください。

バイナリーの教科書を受け取る

公式LINE限定特典や限定手法も公開中!

公式LINEはこちらから